チェヘルソトゥーン宮殿(読み)チェヘルソトゥーンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

チェヘルソトゥーン‐きゅうでん【チェヘルソトゥーン宮殿】

Kakh-e Chehel Sotoun》イラン中部の都市イスファハーンにある建物。17世紀半ば、サファビー朝アッバース2世よって迎賓館として建造された。名称は「40本の柱」を意味する。これは、庭園に面するバルコニー部分は20本の柱で支えられているものの、泉への映り込みと合わせると40本になることに由来する。現在は歴史画やサファビー朝ゆかりの品々を展示する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android