迎賓館(読み)げいひんかん

デジタル大辞泉の解説

げいひん‐かん〔‐クワン〕【迎賓館】

外国からの賓客を歓迎し、もてなすための建物。
明治期洋風建築の代表作の一。東京元赤坂にある。旧赤坂離宮。明治42年(1909)フランスの宮殿様式を模した建物が完成、昭和49年(1974)の改修後、外国の賓客の接待・宿泊のための建物となる。国宝。
[補説]は、明治以降の文化財では初めて国宝に指定された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げいひんかん【迎賓館】

外国の賓客を接待・歓迎するための建物。
明治期洋風建築の代表作の一。旧赤坂離宮。片山東熊の設計になるネオ-バロック様式の宮殿建築で、1909年(明治42)竣工。1974年(昭和49)の改修を経て、国賓・公賓のための宿泊にあてられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迎賓館
げいひんかん

東京都港区元赤坂2丁目にある国賓公賓のための宿泊所。この場所は江戸時代には紀州徳川家中屋敷の西苑(せいえん)であったが、1872年(明治5)に皇室に献上され赤坂離宮となり、73年の皇居炎上後は仮皇居となった。88年明治宮殿の竣工(しゅんこう)後は東宮御所に利用、99年からフランスの宮殿建築を模して現在の建物が建設された。耐震を考慮して建築面積の約3割が壁部分になり、構造は鉄骨・れんが造で、表面は花崗(かこう)岩が張られている。地下1階、地上2階のこの建物の建設にあたっては、明治の一流の画家、工芸家が動員され、室内装飾を華やかにしている。設計は片山東熊(かたやまとうくま)で、バロック風を基調とし新古典主義を加えている。1909年に完成、第二次世界大戦後の48年から国会図書館や内閣法制局が使用したが、67年に迎賓館に改めることになり、翌年から村野藤吾(とうご)の指導により改修工事を開始、74年に竣工。この際、谷口吉郎(よしろう)設計の和風意匠の別館が付設されている。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迎賓館の関連情報