コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンチヤン(鎮江)特別市 チェンチヤンZhenjiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンチヤン(鎮江)〔特別市〕
チェンチヤン
Zhenjiang

中国華東地方,チヤンスー (江蘇) 省南部,チャン (長) 江南岸の市。チェンチヤン市の2市区のほかタンヤン (丹陽) 市と3県から成る。チャン江三角州の頂点にあたる軍事・交通の要地で,春秋時代に開け,三国時代には京口鎮と呼ばれた。隋代にター (大) 運河が通るようになり,唐代にはチャン江の渡河点となって商工業が盛んになった。 1858年の天津条約で開港場となり,外国租界が設けられた。人民共和国成立後,工業の発展がめざましく,機械,造船,紡織,化学繊維,コンクリート,鉄鋼などの工業が盛んである。東郊のチエンピー (諫壁) にチャン江の水をター運河に注ぐ揚水ステーションがある。市域周辺は穀倉地帯であるとともに菜種の産地で,湖沼,水路では養殖漁業が盛んである。市の郊外にはチャン江を見おろすチヤオ (焦) 山,チン (金) 山,ペイクー (北固) 山の名勝があり,多数の寺や石刻,古跡が残る。チンフー (京滬) 鉄道が通っている。人口 260万 4207,うち市区人口 49万 5273 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チェンチヤン(鎮江)特別市の関連キーワードチャン(長)江

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android