コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンチヤン(鎮江)特別市 チェンチヤンZhenjiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンチヤン(鎮江)〔特別市〕
チェンチヤン
Zhenjiang

中国華東地方,チヤンスー (江蘇) 省南部,チャン (長) 江南岸の市。チェンチヤン市の2市区のほかタンヤン (丹陽) 市と3県から成る。チャン江三角州の頂点にあたる軍事・交通の要地で,春秋時代に開け,三国時代には京口鎮と呼ばれた。隋代にター (大) 運河が通るようになり,唐代にはチャン江の渡河点となって商工業が盛んになった。 1858年の天津条約で開港場となり,外国租界が設けられた。人民共和国成立後,工業の発展がめざましく,機械,造船,紡織,化学繊維,コンクリート,鉄鋼などの工業が盛んである。東郊のチエンピー (諫壁) にチャン江の水をター運河に注ぐ揚水ステーションがある。市域周辺は穀倉地帯であるとともに菜種の産地で,湖沼,水路では養殖漁業が盛んである。市の郊外にはチャン江を見おろすチヤオ (焦) 山,チン (金) 山,ペイクー (北固) 山の名勝があり,多数の寺や石刻,古跡が残る。チンフー (京滬) 鉄道が通っている。人口 260万 4207,うち市区人口 49万 5273 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェンチヤン(鎮江)特別市の関連キーワードチャン(長)江

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android