チェ・ホンマン(読み)崔 洪万(英語表記)Choi Hong-man

現代外国人名録2016「チェ・ホンマン」の解説

チェ・ホンマン
崔 洪万
Choi Hong-man

職業・肩書
格闘家,俳優,元韓国相撲力士

国籍
韓国

生年月日
1980年10月30日

出生地
済州島

学歴
東亜大学〔2003年〕中退

経歴
2003年東亜大学を中退し、韓国相撲(シルム)のプロチームLG投資証券に入社。同年シルム鎮安大会で初優勝、天下壮士大会無差別級を制し、大相撲横綱に相当する天下壮士となる。2004年正月大会、咸陽大会も優勝。同年12月所属チームの解散を機にシルムを引退。2005年K-1ワールドGPソウル大会で初出場、初優勝の快挙を達成。2006年K-1アジアGPでは世界王者セーム・シュルト(オランダ)を判定で破る。2007年3月K-1ワールドGP横浜大会で、マイティ・モー(米国)に初のKO負けを喫した。6月ソウル大会でモーに判定勝ち。2008年4月徴兵のため韓国・原州にある陸軍第36歩兵師訓練所に入所したが、以前からあった脳腫瘍を理由に入隊わずか3日目で帰宅措置となった。日本映画「GOEMON」「特命係長・只野仁」「怪物くん」(ドラマも)などに出演し、俳優としても活躍する。218センチ、167キロ。足のサイズは38センチ。愛称は“テクノ・ゴリアテ”。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android