コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェーン伝動 チェーンでんどうchain drive; chain transmission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェーン伝動
チェーンでんどう
chain drive; chain transmission

円周上に突起またはノッチをもった一種の歯車 (スプロケットという) に,チェーンの節を噛み合せて伝動すること。他の巻掛け伝動装置に比べて,大きな伝動力を正確な回転比で,効率よく伝達することができる。歯車伝動には2軸間の距離が長く,ベルト伝動には短すぎる場合に用いられるが,振動,騒音が生じやすいので高速運転には不適当で,通常走り速度が 10 m/s 以内で使用される。鎖としてはローラチェーンサイレントチェーンが用いられ,低速・軽荷重の場合にはブシュチェーンやローラチェーンからローラを取去ったチェーンが,衝撃を伴う低速・重荷重にはオフセットチェーンが使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェーン伝動の関連キーワードPIV変速機椿本チエイン鎖伝動自転車

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android