コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオアルコール thioalcohol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオアルコール
thioalcohol

メルカプタンともいう。一価アルコール ROH の酸素原子の代りに硫黄原子が入った化合物 RSH の総称。硫化水素 HSH の水素原子1個をアルキル基で置換した化合物とも考えられる。水に溶けて弱酸性を示し,水素原子は容易に金属原子で置換されてメルカプチドを生成する。ことに水銀塩とは難溶性のメルカプチドをつくる。低級のチオアルコールは悪臭をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチオアルコールの言及

【チオール】より

…メルカプト基-SHが炭化水素基と結合した有機化合物R-SHの総称で,メルカプタンmercaptanと呼ばれることもある。アルコールの水酸基の酸素原子に代わって硫黄原子が入った形であり,チオアルコールthioalcoholともいう。一般に無色の液体で,悪臭を有する。…

※「チオアルコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android