コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チトラール Chitrāl

世界大百科事典 第2版の解説

チトラール【Chitrāl】

パキスタンの北西辺境州北部,ヒンドゥークシュ山脈南麓の交易都市。カーブル川の支流クナール川の上流にあり,まわりは急崖に囲まれ,その麓の複合扇状地と河谷平野に産するアプリコットなどの果物,米,小麦,トウモロコシなどを集散する。ナイフ・短刀製造,ししゅうなどの手工業でも名高い。谷を上流につめると,東方はシャンドゥール峠を経てギルギットに,また北東方はバローギル峠を経てワハーンの谷に至り,いずれもかつてはインド亜大陸と中央アジアとを結ぶ交通路として利用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チトラールの関連キーワードティリチ・ミール[山]ティリチ・ミール[山]マルダーンパキスタンチトラル

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android