埋蔵(読み)まいぞう

精選版 日本国語大辞典「埋蔵」の解説

まい‐ぞう ‥ザウ【埋蔵】

〙 うずめかくすこと。また、うずまってかくれていること。
※史記抄(1477)四「以前殽の戦に死たる秦人の尸どもをとりあつめて埋蔵して塚を封じて」 〔後漢書‐桓帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「埋蔵」の解説

まい‐ぞう〔‐ザウ〕【埋蔵】

[名](スル)
地中に埋め隠すこと。また、埋もれ隠れていること。「埋蔵されていた小判
鉱物資源が地中に埋もれていること。「石油の埋蔵量」
[類語]埋める塞ぐまるうずまるもれるうずもれるうずめる埋め立てる埋め込むけるけ込む埋没埋設敷設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「埋蔵」の解説

【埋蔵】まいぞう(ざう)

うずめかくす。〔東坡志林、温、郭文に問ふ語を録す〕問ふ。先生獨り窮山に處(を)る。死して烏鳶(うえん)のらふと爲るは、奈何(いかん)と。(郭文)曰く、埋する螻蟻(ろうぎ)にせらる。復(ま)た何ぞ異ならんと。

字通「埋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android