コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウドク Chau Doc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウドク
Chau Doc

別称チャウフー Chauphu。ベトナム南部,アンジャン省北部の都市。ホーチミン市の西約 170km,メコン川分流ハウジャン (バサック) 川右岸に位置する河港都市で,カンボジアとの国境に近い。メコン川デルタの浮稲栽培地帯の商業中心地で,ハウジャン川下流沿岸のロンスエンカントーとともに米の重要な集散地となっている。近年淡水魚の養殖が盛ん。カントー方面からカンボジアのタケオへ通じる道路が通るほか,タイ湾にのぞむ港町ハティエンと水路で結ばれる。人口約4万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android