コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャムラン チャムランChamlang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャムラン
Chamlang

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) の南東部にある高峰。ネパールに属する。標高 7319m。標高 7000mの頂稜が東西 6kmにも及び,その両側は比高約 2000mの断崖になっている。 1962年5月,日本の北海道大学隊 (隊長中野征紀) がホングー・コーラから南稜を登攀し,初登頂に成功した。山名はチベット語で「はばたく大鳥」を意味する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャムランの関連キーワードチャムラン山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャムランの関連情報