コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンハン(長項)邑 チャンハンChanghang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンハン(長項)〔邑〕
チャンハン
Changhang

韓国,チュンチョンナム (忠清南) 道の南西端,ソチョン (舒川) 郡の南西部にある港町。クム (錦) 江の河口北岸にあり,南岸クンサン (群山) 市に相対する。寒村であったが,1913年チャンハン鉄道の開通によって急速に発達した。韓国第一の銅製錬所や肥料工場,造船所などがある。港は1万t級の船舶が停泊できる。米,オオムギなど農産物の集散地でもある。ツバキの北限地で,ピイン (庇仁) 海水浴場がある。人口3万 878 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャンハン(長項)邑の関連キーワードチュンチョンナム(忠清南)道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android