コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンバ族 チャンバぞく Chamba

1件 の用語解説(チャンバ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンバ族
チャンバぞく
Chamba

北アフリカ,サハラ砂漠のメトリリを中心として北西部に分布するアラブ遊牧民。言語はセム語族に属する。 14世紀初めにシリアから侵入したと思われ,一部が定着化し,組織的な隊商交易を行う。社会は拡大家族より成る強固な父系氏族制で,貴族氏族を最上層に,平民氏族,定住のアラブ氏族,最下層に黒人奴隷の諸階級に分れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャンバ族の関連キーワードハルマッタンサハラブラックアフリカホワイトアフリカサブサハラアフリカタウデニサハラ砂漠の秘密砂漠の秘密都市サハラフェスティバルサブサハラ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone