コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡大家族 かくだいかぞく extended family

翻訳|extended family

5件 の用語解説(拡大家族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡大家族
かくだいかぞく
extended family

一般には1人の夫と1人の妻とその子供たちから成る核家族,あるいは夫婦結合が,両親を通じて2個以上集合,同居した家族形態をいう。家父長制家族と定義された家族形態は拡大家族になる場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくだい‐かぞく〔クワクダイ‐〕【拡大家族】

親と、結婚した子供の家族などが同居する家族形態。拡張家族。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくだいかぞく【拡大家族】

父系あるいは母系のいずれか一方,つまり単系血縁にそって拡大する構造をもつ家族類型をふつう拡大家族extended familyというが,双系親族の一部をなす核家族の異居近親とのつながりまで含めてそれをも拡大家族と呼ぶ学者もある。 父系拡大家族は,中国の古い型の家にその典型的な例が見いだされる。そこでは,家長夫婦のもとに息子たちが結婚後も同居し,四世同堂(3世代にわたる父系の老若の夫婦が未婚の子とともに同居すること。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくだいかぞく【拡大家族】

子が結婚後も両親と同居し、複数の核家族から成る家族。 → 核家族

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拡大家族
かくだいかぞく
extended family

核家族や複婚家族と並ぶ、アメリカの人類学者マードックの用語。夫婦と未婚の子よりなる核家族は、親子のつながり、および兄弟のつながりに沿って近親関係を拡大する可能性をもっている。このような拡大近親関係をさまざまな形の家族境界でくぎって成立するのが拡大家族である。老親が一組の子夫婦と同居する日本の3世代直系家族、老親が複数の子夫婦と一定の期間にわたって同居する中国やインドヒンドゥー教徒にみられる合同家族joint familyもその類型の一部である。いずれも複数の核家族が接合して、同居を通して一体としての家族を形成している点に特色がある。核家族に比べて拡大家族は成員数が多くなりやすく、また成員間の関係という点で、質の面でも複雑化する。いわゆる核家族化現象とは、拡大家族の分裂をいう。同居を前提にする拡大家族に対して、核家族化の進んだ今日、別居(「家」制度のもとでは長男夫婦と老親夫婦とは同居が規範であるが、理由あって同居しない場合など)や異居(核家族時代のもとで長男夫婦はじめ、すべての成人した子夫婦たちが老親夫婦と同居しない場合)を前提にしていても頻繁な近親関係を維持していることが多く、そうした家族形態は新しく「修正拡大家族」とよばれている。[増田光吉・野々山久也]
『G・P・マードック著、内藤莞爾監訳『社会構造』(1978・新泉社) ▽匠雅音著『核家族から単家族へ』(1997・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の拡大家族の言及

【核家族】より

…彼は未開社会の家族の研究結果から,社会集団の基礎単位として普遍的に存在している〈核家族〉に注目した。この核家族は単独,あるいは二つ以上の複合した形で存在しており,複合形態は,(1)複数により共有される夫あるいは妻を介して横に結合した複婚家族と,(2)親の核家族と既婚子の核家族が縦に結合した拡大家族とに区別されるとした。この概念は日本にも紹介され,当初,核心家族,中核家族,核的家族などと訳されていたが,1959年に〈核家族〉に統一された。…

※「拡大家族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拡大家族の関連キーワード一季片肌片鬢限性遺伝単性花父系母系片頬ノイズレス正乱視

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拡大家族の関連情報