コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーウェル Cherwell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーウェル
Cherwell

イギリスイングランド中南部,オックスフォードシャー県北部の地区テムズ川支流チャーウェル川に沿い,オックスフォードの北に接する。穀物栽培のほか,肉牛乳牛ヒツジの飼育が盛ん。地区の中心都市バンベリー農産物を集散し,キドリントンはオックスフォードのベッドタウンとして 1950~60年代に人口が急増した。面積 590km2。人口 13万1792(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャーウェルの関連キーワードF.A. リンデマンコツウォルド丘陵ティザード

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android