コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーノック岩 チャーノックがん charnockite

1件 の用語解説(チャーノック岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

チャーノック岩

粒状のハイパーシン花崗岩で,ハイパーシン,微斜カリ長石~パーサイト,石英などからなる.ホランドチャーノック岩を,チャーノック岩系列の石英長石ハイパーシン花崗岩として便宜的に付けた名称で,他の岩石区に産出するハイパーシン花崗岩の岩石名ではない,としていた[Holland : 1893, 1900].それにもかかわらずチャーノック岩の名称は様々なハイパーシン花崗岩に用いられ,ワシントンは,ホランドがこの系列を酸性,中性,塩基性と区別した岩石に対して,それぞれ酸性チャーノック岩,中性チャーノック岩,塩基性チャーノック岩と名付けている[Washington : 1916, Subramanian : 1959].岩石の名称はカルカッタの建設者チャーノック(J. Charnock)の墓石が1695年に建設され,この墓石が岩石記載の最初の試料であったことに由来する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャーノック岩の関連キーワードハイパーメディアハイパー宗教ハイパーインフレーションハイパーキネマティック花崗岩ハイパーポタッシク型花崗岩ハイパーソルバス花崗岩バークレマイト正長石ノーライトヴァラマイトハイパーシン斑糲岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone