コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルカッタ Calcutta

翻訳|Calcutta

百科事典マイペディアの解説

カルカッタ

東部インド最大の都市。西ベンガル州の州都。1999年ベンガル語発音のコルカタKolkataに改称。ガンガー川の支流フグリ川河口から約140km上流に位置する貿易港。
→関連項目テレサ(カルカッタの)ハウラーベンガル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルカッタ【Calcutta】

インド北東部,西ベンガル州の州都。人口440万(1991)。ハウラーHowrahなどの周辺諸都市と大都市圏(人口1102万,1991)を形成する。1772‐1912年には英領インドの主都であった。周辺は地形的にはガンガー(ガンジス)川デルタのなかでも老衰期に属し,堆積の結果池沼状に寸断された河道,自然堤防後背湿地の発達を特色とする。そのためマラリアコレラなどの熱帯性疾病が発生しやすい。ベンガル湾頭から約110km離れているが,フグリHooghly川の潮差は3~6mもあり,外航船の航行は困難で,また自然堤防上でも冠水しやすい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カルカッタ【Calcutta】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルカッタ

コルカタ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルカッタ
かるかった
Calcutta

インド東部、西ベンガル州の州都コルカタKolkataの旧称。イギリス植民地時代より長くカルカッタとよばれてきたが、1999年に古来の呼び名であるコルカタに名称を変更した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカルカッタの言及

【ガンガー[川]】より

…流路の変遷がはげしいが,現在の本流は最も東側のパドマPadma川であり,バングラデシュを流れる。カルカッタは最も西を流れるフグリHooghly川左岸に発達した都市で,河口から約150kmの地点ながら感潮限界内にあるので,帆船時代からかっこうの船着場であったといわれる。低湿なデルタには一面に水田がひらけ,集落はやや小高い自然堤防上に立地する。…

※「カルカッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルカッタの関連キーワードダット(Romesh Chander Dutt)サーダーラナ・ブラーフマ・サマージサチエンドラ・ナス ボースニランジャン バネルジーP.C. マハラノビステレサ[カルカッタの]S.P. ムケルジーシャラットチャンドラパル ラハビノードJ.C. ボースS.C. ボースフーグリチンスラアミール・アリーN.K. ボースブラフマサマージチャンダンナガルS. チョードリアミール・アリービベーカーナンダプラッシーの戦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルカッタの関連情報