コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュクチ・カムチャツカ語族 チュクチカムチャツカごぞくChukuche‐Kamuchatkan

世界大百科事典 第2版の解説

チュクチカムチャツカごぞく【チュクチ・カムチャツカ語族 Chukuche‐Kamuchatkan】

ツングース諸語,ユカギール語,エスキモー・アレウト語族の語域に隣接するアジアの北東端に分布し,チュクチ語,ケレク語,アリュトル語コリヤーク語カムチャダール語(またはイテリメン語)からなる。語族内の親近性は,カムチャダール語が他の4言語から隔たっている。能格構文があり,ほとんどの言語が母音調和をしめし,動詞のなかに名詞幹を抱きこみうる類の抱合語である。世界の他の言語との系譜関係については,なんら確実なことはわかっておらず,便宜上,旧アジア諸語にふくめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チュクチ・カムチャツカ語族の関連キーワードツングース諸語

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android