コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱合語 ほうごうご polysynthetic language

6件 の用語解説(抱合語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抱合語
ほうごうご
polysynthetic language

言語の類型の一つ。複総合語,輯合語 (しゅうごうご) ともいう。を構成する要素が密接に結びついて,あたかも全体で一語をなすかのようにみえる構造をもつ言語。エスキモー語で Nû-liar-nerpise? (あなたがたは Nûk〈地名〉へ旅行しますか?) は,Nû-=Nûk,liar=「旅する」,nerpise=「あなたがたは…か」から成り立ち,各形態素は単独で現れる形とは異なる連接形をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうごう‐ご〔ハウガフ‐〕【抱合語】

言語の類型的分類の一。さまざまな要素を連ねて、内容的には文に匹敵するような長い単語を形成しうる言語。エスキモー語やアメリカインディアン諸語など。輯合語(しゅうごうご)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

抱合語【ほうごうご】

言語の類型的分類の一つ。一つの単語の語形変化の形式の中に,種々の文法範疇を示す要素が挿入され,語が文のような形をとる傾向を示す言語。エスキモー語がその典型といわれる。
→関連項目言語類型論チュクチ語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうごうご【抱合語】

言語の類型論的分類の一つである,単語の構成という形態論的観点からの分類に基づくタイプの一つ。このタイプの言語においては,中心となる語幹に,目的語,補語や副詞的要素,あるいはさまざまな文法的関係をあらわす要素が結合して一つの単語を形成する。したがって1単語が数多くの形態素から成ることになり,他のタイプの言語にそれを翻訳した場合には,文のかたちになる場合もある。 たとえば旧アジア諸語(旧シベリア諸語)に属する東北シベリアチュクチ語では,〈彼らは網をかけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうごうご【抱合語】

言語の形態的類型による分類の一。文を構成するすべての要素が、動詞を中心にその前後に密接に結合して、あたかも全体で一語のようなまとまりを示す言語。アラスカ-エスキモー語・アメリカ-インディアン諸語・アイヌ語などがその例。集合語。 → 屈折語膠着こうちやく語 ・ 孤立語

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抱合語
ほうごうご

アイヌ語にみられるように、一つの単語のなかに別のことばを入れて抱合するような構造の言語をいう。しかし、これは、エスキモー語のように、文全体をあたかも一語のように複合成してしまう構造の一種と考えられるので、いまでは複合成語polysynthetic language(輯合(しゅうごう)語とも訳される)という言い方のほうが一般的になっている。その一例をあげれば、北米のアメリカ・インディアンのメノミニー人の話す言語(アルゴンキン諸語の一つ)では、語根akua(……から切り離すこと)に接尾辞-epi-(液体)、-en-(手の動作)、-am(第三人称行為者)がつくと、全体がakuapi:nam(彼は、それから水をとる)のように、あたかも一語であるかのごとくまとまって、一つの文をなす。したがって、それはある意味では、屈折語にみられる単語の曲用(語形変化)が、単に性や数や人称などにとどまらず、どんどん広がっていって、文全体にまで及んだものであるとみなしうる。つまり、一種の複合成と考えられるわけである。しかし、その点から、逆にほかの類型の言語を見直してみると、日本語における文節全体にわたるアクセント核の縮約、中国語の厦門(アモイ)方言にみられる文節全体にわたる声調(音節音調)の改組のように、程度の差こそあれ、似たような原理は他にみられないわけではない。[橋本萬太郎]
『泉井久之助著『言語の構造』(1967・紀伊國屋書店) ▽Y・R・チャオ著、橋本萬太郎訳『言語学入門――言語と記号システム』(1980・岩波書店) ▽宮岡伯人著『エスキモーの言語と文化』(1978・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の抱合語の言及

【孤立語】より

…〈私は君を愛する〉という意味の中国語文〈我愛你〉では〈愛〉は〈愛する〉という動詞で,その行為の主体〈我〉とその対象〈你〉はおのおのそれを示す標識は何ももたず,その関係は語順によってのみ示されているのである。
[形態論に基づく言語の分類]
 この分類は19世紀のW.フンボルトらにさかのぼるもので,語構成を基準にすべての言語を孤立語,膠着語屈折語の三つ,あるいはさらに抱合語を加えた四つのタイプに分けようというものである。言語の分類法として一般に広く流布するところとなったが,この分類の仕方はあくまでも語の構造という一面のみに着目したものであり,決して包括的なものではない。…

※「抱合語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抱合語の関連キーワード自然言語中間言語メタ言語言語生活言語分析数理言語学言語理論音写心理言語学ロゴ言語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone