コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュリンガ churinga; tjurunga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュリンガ
churinga; tjurunga

オーストラリア中央部の先住民の間で伝えられている,扁平な木や石でできた聖なる対象物。長円形のものが多い。アルンタ族の言葉に由来する。チュリンガは,子供が生れたときにつくられ,その子供のトーテムの模様を刻み込み,聖なるものとして崇拝され保存されるものが多い。個人の霊魂の一部として,トーテミズムと密接に結びついており,トーテムの祖先と関係のあるものは,楯でも石刀でもブーメランでもすべてチュリンガと呼ばれることもある。イニシエーションにおいて重要な機能を果す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

チュリンガ【churinga】

オーストラリア、アボリジニの祭祀さいし物。石や木で作られ、形状はほぼ楕円形。多くは彼らの世界観を表す象徴的な文様が線刻されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チュリンガの関連キーワードオーストラリア先住民トーテムポールオーストラリアアボリジニアランダ楕円形世界観文様

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android