コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石刀 せきとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石刀
せきとう

縄文時代晩期の石器棒状をなし,身部が刀のようになっている。東日本に多い。中国で石刀といった場合石包丁のことをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきとう【石刀】

(1)縄文時代晩期の磨製石器の一種。石剣に似た長さ30~40cmの棒状の石器であるが,一方の側縁を刀の刃のように作り,断面が楔形を呈していることと,全体がわずかに湾曲して内反りになっているので,石剣と区別することができる。一端を瘤状にふくらませて頭部を示し,そこに簡単な彫刻を施すことが多い。頭部につづく把(つか)にあたる部分には刃を作らず,刃関(はまち)を明瞭に作っているのがふつうである。粘板岩片岩を材料とし,分布は東北地方を中心として,北海道におよび,また西は近畿地方の一部にもひろがっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきとう【石刀】

縄文晩期の磨製石器。内反りの扁平な刃部と瘤こぶ状の頭部よりなるが、実用品ではない。東日本に多く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石刀
せきとう

縄文時代晩期の磨製石器の一つ。日本刀に似た形状を呈す石器で、断面が楔(くさび)形を呈し一側縁に刃がつけられている。刃と柄(え)の境に刀関(はまち)をつくり、頭部は石棒、石剣と同様に瘤(こぶ)状を呈し、文様が施されるものがある。まれに背に溝や文様を施したものもある。全体が内反りにつくられているところが日本刀と異なる。北海道南西部から東北地方を中心に分布し、西は近畿地方まで広がっている。土壙墓(どこうぼ)に副葬品として埋納された例などもあり、用途は実用的なものではなく非実用的な道具として使用されたと考えられる。緑泥片岩(りょくでいへんがん)、粘板岩(ねんばんがん)製のものが多い。[冨樫泰時]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石刀の言及

【石鎌】より

…ヨーロッパでは新石器時代後期に湾曲した木柄に石刃を差し込んだ鎌が現れるが,のちに地中海東部先進地域の青銅製の鎌を模した三日月形の石鎌に変化する。中国では石刀と呼び,竜山文化期(約4000年前)にほぼ全土にわたって磨製の石鎌が出現する。刃部が直線をなすものと,内湾するものの二つの形態が認められ,殷代には前者が流行し,漢代に至るまで継続して使われるが,戦国時代には一方で鉄鎌の使用が始まる。…

【石庖丁】より

…石庖丁の名は,明治期にエスキモーのウーマンズ・ナイフとの比較によって,調理用の庖丁と誤認したときの命名を,そのまま慣用しているものである。中国では石刀とよぶが,日本には同名の石器が縄文文化にあるので,採用しかねる。石庖丁をもつ文化では,他の材料で石庖丁の代用品を作ることがある。…

【石剣】より

…長さ20~40cm,断面が紡錘形をなす扁平な棒状石器で,先端がとがる。同様の平面形で断面が楔形を呈し,一側縁にだけ刃がつくものは石刀として区別する。石剣には一端に瘤状の頭部がつくものが多く,とくに瘤状頭部に土器と同じ文様を彫刻したものが晩期の東日本で盛行する。…

※「石刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石刀の関連キーワード青竜刀形石器大出 直三郎廟底溝遺跡青蓮岡文化石(いし)伊川津貝塚下布田遺跡御経塚遺跡チュリンガ竜山文化臨安遺跡宮畑遺跡ミイラ実用品重慶刀剣石棒石鎌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android