コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューリヒ州 チューリヒZürich

翻訳|Zürich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューリヒ〔州〕
チューリヒ
Zürich

スイス北東部にあり,26州中最大の人口をもつ州。州都チューリヒチューリヒ湖のあるリント河谷とグライフェン湖のあるグラット河谷などに平地が多く,州域の 90%が農林業に利用されている。現在の州域は,州都チューリヒが 1351年にスイス同盟に加入してのち,1467年にハプスブルク家からウィンタートゥールを買取るなどして次第に拡大し,一部はライン右岸に及んでいる。おもな産業は,機械,鉄道車両製造のほか,伝統的な綿や絹の織物業。それらの工業立地は,チューリヒ,ウィンタートゥールのほか,ウスター,タールウィル,ホルゲン,ウェーデンスウィルなどの都市である。肥沃な農地ではブドウなどの果樹を栽培。住民はドイツ系で,公用語はドイツ語,約7割がプロテスタント。面積 1729km2。人口 115万 546 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チューリヒ州の関連キーワードケラー(Gottfried Keller)マン(Thomas Mann、小説家)マルティン ズーターザンクトヤコプの戦いグロスミュンスター前チューリヒ戦争チューリヒ大学シュウィーツ郵便切手デバイベルン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android