チョイバルサン(読み)ちょいばるさん(英語表記)Choibalsan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョイバルサン(モンゴル)
ちょいばるさん
Choibalsan

モンゴル東部、ドルノド県の県都。ケルレン川北岸に位置し、中国国境に近い。人口4万1714(2000)。1921年の革命までサン・ベイスSan Beise、41年までバヤン・トゥメンBayan Tumenと称したが、現在は同地方出身の政治家チョイバルサンの名がつけられている。1940年以来、エレンツァブを経由してシベリア鉄道に通じる鉄道の起点である。同国東部の軍事、交通、経済、文化の中心地であり、建築材料、自動車修理、製粉、食肉のコンビナート、洗毛工場などがある。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android