コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョオユ Chobogyu; Cho Oyu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョオユ
Chobogyu; Cho Oyu

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) 西部にそびえる高峰。標高 8201m。ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境をなす主脈上に位置し,南東約 27kmにエベレストがある。山名はチベット語で「トルコ玉の神」を意味する。初登頂はオーストリア隊 (隊長 H.ティッヒー) によって 1954年になされたが,これはモンスーン季直後の 10月に,隊員わずかに3名で,無酸素,全重量 1t足らずの資材という点で,ヒマラヤ巨峰登頂史に残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チョオユの関連キーワードサガルマータ国立公園ゴジュンバカンメスナー

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android