チョオユ(英語表記)Chobogyu; Cho Oyu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョオユ
Chobogyu; Cho Oyu

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) 西部にそびえる高峰。標高 8201m。ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境をなす主脈上に位置し,南東約 27kmにエベレストがある。山名はチベット語で「トルコ玉の神」を意味する。初登頂はオーストリア隊 (隊長 H.ティッヒー) によって 1954年になされたが,これはモンスーン季直後の 10月に,隊員わずかに3名で,無酸素,全重量 1t足らずの資材という点で,ヒマラヤ巨峰登頂史に残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android