コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西蔵 セイゾウ

4件 の用語解説(西蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいぞう〔セイザウ〕【西蔵】

チベットのこと。シーツァン。

チベット(Tibet)

中国南西部の自治区。主都はラサヒマラヤ山脈の北、崑崙(こんろん)山脈の南にある高原地帯で、羊・ヤギ・ヤクなどの牧畜が盛ん。住民の多くはチベット族代に最初の統一王国が成立、吐蕃(とばん)と呼ばれた。チベット仏教が行われ、17世紀半ばからダライ=ラマによる政教一致の支配が行われた。18世紀に清の宗主権下に置かれ、第二次大戦まで中国の保護国。また英国の支配を受けた。1951年中国解放軍が入り、1965年自治区が成立。
[補説]「西蔵」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいぞう【西蔵】

チベットの中国語名。

チベット【西蔵】

中国の南西部にある自治区。ヒマラヤ山脈と崑崙こんろん山脈との間にある、平均海抜4500メートルの高原地帯。住民は大部分がチベット族で、ヤク・羊などの牧畜が盛ん。チベット仏教(ラマ教)の中心地。チベット族は古く氐てい・羌きようの名で中国文献に現れ、七世紀には統一王朝吐蕃とばんを樹立、一四世紀からダライ-ラマによる支配が行われたが、一八世紀には清朝の保護国となった。第二次大戦後、自治権を獲得したが、1959年、反中国の動乱が起こり一四代ダライ-ラマはインドに亡命、65年チベット自治区が成立した。区都はラサ。別名、蔵。 〔「西蔵」とも書く〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西蔵の関連情報