コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西蔵 セイゾウ

4件 の用語解説(西蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいぞう〔セイザウ〕【西蔵】

チベットのこと。シーツァン。

チベット(Tibet)

中国南西部の自治区。主都はラサヒマラヤ山脈の北、崑崙(こんろん)山脈の南にある高原地帯で、羊・ヤギ・ヤクなどの牧畜が盛ん。住民の多くはチベット族代に最初の統一王国が成立、吐蕃(とばん)と呼ばれた。チベット仏教が行われ、17世紀半ばからダライ=ラマによる政教一致の支配が行われた。18世紀に清の宗主権下に置かれ、第二次大戦まで中国の保護国。また英国の支配を受けた。1951年中国解放軍が入り、1965年自治区が成立。
[補説]「西蔵」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいぞう【西蔵】

チベットの中国語名。

チベット【西蔵】

中国の南西部にある自治区。ヒマラヤ山脈と崑崙こんろん山脈との間にある、平均海抜4500メートルの高原地帯。住民は大部分がチベット族で、ヤク・羊などの牧畜が盛ん。チベット仏教(ラマ教)の中心地。チベット族は古く氐てい・羌きようの名で中国文献に現れ、七世紀には統一王朝吐蕃とばんを樹立、一四世紀からダライ-ラマによる支配が行われたが、一八世紀には清朝の保護国となった。第二次大戦後、自治権を獲得したが、1959年、反中国の動乱が起こり一四代ダライ-ラマはインドに亡命、65年チベット自治区が成立した。区都はラサ。別名、蔵。 〔「西蔵」とも書く〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西蔵の関連キーワードチベット自治区ヒマラヤ山脈カイラス山ゴサインタン山ヒマラヤ杉広西チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊ヒマラヤ岩塩風呂青海チベット(青蔵)高原

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西蔵の関連情報