コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西蔵 セイゾウ

デジタル大辞泉の解説

せいぞう〔セイザウ〕【西蔵】

チベットのこと。シーツァン。

チベット(Tibet)

中国南西部の自治区主都ラサヒマラヤ山脈の北、崑崙(こんろん)山脈の南にある高原地帯で、羊・ヤギ・ヤクなどの牧畜が盛ん。住民の多くはチベット族代に最初の統一王国が成立吐蕃(とばん)と呼ばれた。チベット仏教が行われ、17世紀半ばからダライ=ラマによる政教一致支配が行われた。18世紀に清の宗主権下に置かれ、第二次大戦まで中国の保護国。また英国の支配を受けた。1951年中国解放軍が入り、1965年自治区が成立。
[補説]「西」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいぞう【西蔵】

チベットの中国語名。

チベット【西蔵】

中国の南西部にある自治区。ヒマラヤ山脈と崑崙こんろん山脈との間にある、平均海抜4500メートルの高原地帯。住民は大部分がチベット族で、ヤク・羊などの牧畜が盛ん。チベット仏教(ラマ教)の中心地。チベット族は古く氐てい・羌きようの名で中国文献に現れ、七世紀には統一王朝吐蕃とばんを樹立、一四世紀からダライ-ラマによる支配が行われたが、一八世紀には清朝の保護国となった。第二次大戦後、自治権を獲得したが、1959年、反中国の動乱が起こり一四代ダライ-ラマはインドに亡命、65年チベット自治区が成立した。区都はラサ。別名、蔵。 〔「西蔵」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

西蔵の関連キーワードニェンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈コンポギャムダ(工布江達)県アーリンシャン(阿陵山)山脈シーチュワンホー(獅泉河)フフシル(可可西里)山脈ムズタグ(木孜塔格)山高梨兵左衛門(19代)ユンリン(雲嶺)山脈ニンティ(林芝)地区ジョムダ(江達)県山口県柳井市柳井津タンラ(唐古拉)峠ナクチュ(那曲)県中村芝翫(3代)シリン(奇林)湖ツェタン(沢当)ナム(納木)湖カルギリク県石浜 純太郎羽田野 伯猷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西蔵の関連情報