コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョチウォン(鳥致院)邑 チョチウォンChoch'iwǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョチウォン(鳥致院)〔邑〕
チョチウォン
Choch'iwǒn

韓国,チュンチョンナム (忠清南) 道の北東部にある町。ヨンギ (燕岐) 郡の郡庁所在地。キョンブ (京釜) 鉄道のテジョン (大田) 市とチョナン (天安) 市との中間にあり,チュンチョンプク (忠清北) 道を縦貫するチュンブク (忠北) 鉄道が分岐する。農産物が集散され,古くからの定期市が有名。モモ,リンゴの果樹作と野菜栽培が盛んで,モモは郡の生産量の半分近くを占める。農村振興庁の支庁があり,育苗と育種の中心地でもある。東方にキョンブ高速道路のインターチェンジがある。人口2万 9771 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android