コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もも もも

2件 の用語解説(ももの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

もも
もも

宇宙開発事業団 (→宇宙航空研究開発機構 ) が開発した海洋観測衛星。1号が 1987年2月,1号bが 1990年2月に打ち上げられた。可視近赤外放射計 MESSR,可視熱赤外放射計 VTIRおよびマイクロ波放射計 MSRの3種類のセンサを搭載し,高度 909kmの太陽同期準回帰軌道を周回し,海洋を中心とした観測を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もも
もも / 股

「すね」の対語で、ふとももともいう。解剖学名では大腿(だいたい)[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ももの関連キーワード宇宙科学研究所宇宙航空研究開発機構ISASNASDAMTサットNAL宇宙航空研究開発機構法JAXA法宇宙の日山之内秀一郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ももの関連情報