チリダテス2世[古代イラン](読み)チリダテスにせい[こだいイラン](英語表記)Tiridates II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリダテス2世[古代イラン]
チリダテスにせい[こだいイラン]
Tiridates II

アルサケス朝パルティア帝国の王 (在位前 30頃~25) 。前 32年頃反乱を起し,一時フラーテス4世にスキタイへの避難を強いたが,やがてフラーテスによって破られ,シリアへ逃れた。その後ローマのオクタウィアヌスの援助のもとに前 26年と前 25年の2回,クテシフォンに進撃したが結局不成功に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android