コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンジュ(晋州)市 チンジュChinju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンジュ(晋州)〔市〕
チンジュ
Chinju

韓国,キョンサンナム (慶尚南) 道の南西部,チンジュ盆地にある市。 1949年市制。ナクトン (洛東) 江の支流ナム (南) 江の中流にのぞみ,流域の物資集散地として発達してきた。高麗時代には晋州牧となり,晋州城が築かれている。キョンジョン (慶全) 鉄道とチンサム (晋三) 鉄道の接続地で,道路も四通しており,道西部の中心都市である。周辺の平野はチンジュ米と呼ばれる良質米を産するほかナシ,リンゴ,モモの果樹作が盛ん。交通の便と用水に恵まれ,繊維,機械,化学工業が発達している。晋州城址,矗石楼などの古跡があり,豊臣秀吉の侵攻による壬辰倭乱で殉じた芸妓の論介をまつる論介門もある。面積 70km2。人口 25万 8365 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チンジュ(晋州)市の関連キーワードナム(南)江

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android