コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェティニェ修道院 ツェティニェシュウドウイン

1件 の用語解説(ツェティニェ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ツェティニェ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ツェティニェ修道院】

Cetinjski manastir》モンテネグロ南部の都市ツェティニェにある修道院。15世紀、オスマン帝国の侵攻から逃れたツルノイェビッチ王朝のイバンにより創設。オスマン帝国との戦争でたびたび破壊され、現在の修道院は18世紀初頭、ダニロ1世により建造。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone