コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェファト Zefat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェファト
Zefat

イスラエル北部の町。ガリラヤ湖の北 24kmの丘の上にあり,住民は主としてユダヤ系。ユダヤ教の四聖地の一つで,1492年にユダヤ人がスペインから追放されて以来,ユダヤ教神秘思想,カバラ派の中心地として栄え,1577年にはパレスチナ最初の印刷所が開設された。その後商業都市として発展し,1837年の地震で破壊されたが,1948年イスラエル建国後は,高地ガリラヤの美しい風景が多くの芸術家を誘引し,町の中心には市立美術館もある。カバラ派と関係のあるユダヤ教聖堂もあり,現在は観光やユダヤ教巡礼地としてにぎわっている。町の経済活動は,軽工業,避暑と観光で成り立っている。人口1万 6600 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツェファトの関連キーワードヘブライ文学メロン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android