ツノカメノコウワムシ(読み)つのかめのこうわむし

  • つのかめのこうわむし / 角亀甲輪虫

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袋形(たいけい)動物門輪毛虫綱単生殖巣上目ツボワムシ目カメノコウワムシ属のうち、古くKeratella quadrataとして扱われていた種の一群。現在では3種二型からなる。原型は体長150マイクロメートル。沼に春に出現し、ときとして冬にも現れるが、外国ではおもに温暖な水域に生息する。トロピカK. tropica型は被甲中央後端部の模様が閉じ、さらに小板を備える。この型は夏に出現するが、外国では生息が未確認である。寒冷水域には後端部両側に小板をもたない別種ヒエマリスK. hiemalisが生息しているが、日本では春季に湖の中層に数個体が生息しているにすぎない。

[鈴木 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android