コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツータッチ入力 ツータッチニュウリョク

デジタル大辞泉の解説

ツータッチ‐にゅうりょく〔‐ニフリヨク〕【ツータッチ入力】

携帯電話スマートホンでの文字の入力方法の一。五十音の行・段にそれぞれ1から順に数字を割り当て、二つの数字で文字を選択する。たとえば「せ」は「さ行(3)」の「え段(4)」であり、3に続けて4を押すことで「せ」を入力できる。かつてプッシュ式電話器からポケットベルに送るメッセージの入力に用いられたため、ポケベル入力ベル打ちともいう。→フリック入力トグル入力

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android