ティエリー フィッシャー(英語表記)Thierry Fischer

現代外国人名録2012の解説

ティエリー フィッシャー
Thierry Fischer


国籍
スイス

専門
指揮者

肩書
BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団首席指揮者;名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者

生年月日
1957

出生地
ザンビア

経歴
宣教師だった父の赴任先のザンビアで生まれ、10歳でスイスに帰国するまで幼少期をアフリカで過ごす。スイスでリコーダーを習い始め、コンサートにも出演。その後、フルートをオーレル・ニコレに師事し、ハンブルク州立歌劇場及びチューリヒ歌劇場の首席フルート奏者を経て、ヨーロッパ室内管弦楽団首席フルート奏者。この間、体調不良の指揮者の代役として指揮のキャリアを始め、ニコラウス・アーノンクールやクラウディオ・アバドの薫陶を受けた。1992年指揮者に転向。英国のフィルハーモニア管弦楽団、バーミンガム市交響楽団、BBC交響楽団などの名門を次々と指揮し、2001年よりアルスター管弦楽団首席指揮者兼芸術アドバイザーを務めた。2006年よりBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団首席指揮者。2008年より名古屋フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者を兼任する。2009年4月より定期演奏会「四季シリーズ」を始める。タッチの軽さとテクスチュアの明瞭さが特徴で、バッハから20世紀音楽まで幅広いレパートリーを持ち、現代曲初演も多い。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android