薫陶(読み)くんとう

精選版 日本国語大辞典「薫陶」の解説

くん‐とう ‥タウ【薫陶】

〘名〙 (香(こう)をたいてかおりをしみこませ、粘土(ねんど)をこね形をととのえて器を作る意から) 自己の徳で他人を感化すること。すぐれた人格で教え育て上げること。
※空華集(1359‐68頃)一二・序一万宗哀詞「朝而陶之、暮而琢礪之。繇是万宗之学益進才益茂」
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉五「くれぇまん先生の薫陶を受けた名残りは」 〔宋史‐程頤伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薫陶」の解説

くん‐とう〔‐タウ〕【薫陶】

[名](スル)《香をたいて薫りを染み込ませ、土をこねて形を整えながら陶器を作り上げる意から》徳の力で人を感化し、教育すること。「薫陶のたまもの」
「しかし若い生徒を―するのは中々愉快なものですよ」〈野上・真知子〉
[類語]育て上げる養成育成育てる助言教示訓示アドバイスコンサルティングカウンセリング指導導き教え手引き指南教授教育訓育教導補導ほどう善導誘掖ゆうえき鞭撻べんたつ手ほどき教習コーチ伝授する講義する講ずる仕込むたたき込む導く仕付ける教鞭を執る薫育教化教学文教育英教えるガイダンス手を取る示教指教徳育知育体育矯正入れ知恵洗脳感化徳化醇化啓発啓蒙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「薫陶」の解説

【薫陶】くんとう(たう)

薫化陶冶。教育する。〔宋史、道学一、程頤伝〕今夫(そ)れ人民の善く其の子弟ふるは、亦た必ず名の士をき、之れと處(を)らしめ、以て陶してす。

字通「薫」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android