コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティルタウンプル寺院 ティルタウンプルジイン

デジタル大辞泉の解説

ティルタウンプル‐じいん〔‐ジヰン〕【ティルタウンプル寺院】

Puru Tirtha Empul》インドネシア南部、バリ島中東部の町タンパクシリンの北郊にあるヒンズー教寺院。10世紀から14世紀頃のワルマデワ王朝時代の建造とされる。名称は「聖なる泉」を意味し、沐浴場があることで有名。ティルタエンプル寺院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ティルタウンプル寺院の関連キーワードサーンキヤ学派緊那羅サーンキヤ学派十号二十五諦プラクリティ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android