ティルタウンプル寺院(読み)ティルタウンプルジイン

デジタル大辞泉の解説

ティルタウンプル‐じいん〔‐ジヰン〕【ティルタウンプル寺院】

Puru Tirtha Empul》インドネシア南部、バリ島中東部の町タンパクシリン北郊にあるヒンズー教寺院。10世紀から14世紀頃のワルマデワ王朝時代の建造とされる。名称は「聖なる」を意味し、沐浴場があることで有名。ティルタエンプル寺院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android