ティーミヒ(一家)(読み)てぃーみひ(英語表記)Thimig

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティーミヒ(一家)
てぃーみひ
Thimig

オーストリア出身の俳優一家。父のフーゴーHugo(1854―1944)は喜劇的性格俳優で、1874年にウィーンのブルク劇場に入り、ブルク演技様式の形成者で支配人も務めた。娘ヘレーネHelene(1889―1974)は父の教育を受け、ラインハルト指揮下のベルリンのドイツ座で認められて彼と結婚し、ナチス時代はウィーン、アメリカに逃れ、第二次世界大戦後、帰国してブルク劇場で活躍。息子ヘルマンHermann(1890―1982)も哀愁味ある喜劇役者で、ウィーン、ベルリンで活躍、さらにハンスHans(1900―91)も洗練されたコメディアンで、ウィーン民衆劇場やヨーゼフシュタット劇場を本拠とした。また、一家は映画にもよく登場した。[岩淵達治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android