コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオダハド Theodahad

世界大百科事典 第2版の解説

テオダハド【Theodahad】

?‐536
東ゴート王。在位534‐536年。テオデリック王の甥。トスカナに大所領を得て,古典文化に傾倒していた。534年10月のアタラリックAthalarich(在位526‐534)の死後,王母アマラスンタAmalasunthaはいとこテオダハドを王と宣して共同統治を図ったが,テオダハドは彼女を監禁・処刑(535),東ローマ皇帝ユスティニアヌスはこの件を口実にゴート戦争を開始した。テオダハドはシチリア譲渡や貢納金・兵員の拠出を,次いで東ローマ領内での身分相応生活保障を条件に退位を約したが,ダルマティアでの戦況好転で翻意した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テオダハドの関連キーワードシルウェリウス安閑天皇アガペツス1世プロコピウス[カエサレアの]山本浩二危険負担クロタール1世危険負担双務契約・片務契約

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テオダハドの関連情報