コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオダハド Theodahad

1件 の用語解説(テオダハドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テオダハド【Theodahad】

?‐536
東ゴート王。在位534‐536年。テオデリック王の甥。トスカナに大所領を得て,古典文化に傾倒していた。534年10月のアタラリックAthalarich(在位526‐534)の死後,王母アマラスンタAmalasunthaはいとこテオダハドを王と宣して共同統治を図ったが,テオダハドは彼女を監禁・処刑(535),東ローマ皇帝ユスティニアヌスはこの件を口実にゴート戦争を開始した。テオダハドはシチリア譲渡や貢納金・兵員の拠出を,次いで東ローマ領内での身分相応生活保障を条件に退位を約したが,ダルマティアでの戦況好転で翻意した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テオダハドの関連キーワード安閑天皇北陸新幹線九州新幹線北海道新幹線雨ゴート兼国ゴート族東ゴート族I‐20ABオンキャンパス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テオダハドの関連情報