コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオファネス Theophanēs

1件 の用語解説(テオファネスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テオファネス【Theophanēs】

760ころ‐818
ビザンティン時代の修道士,年代記作者ビザンティン帝国の高官の家に生まれ,短い結婚生活ののち修道院に入り,皇帝レオン5世のイコノクラスムに抗し,教会から〈信仰告白者Homologētēs〉として聖人に列せられた。友人ゲオルギオス・シュンケルロスの世界創造からディオクレティアヌス帝の284年に至る未完の年代記を継承,アレクサンドリア暦に基づく世界創造年代を軸とした813年までの編年体ビザンティン帝国史《年代記Chronographia》を,811‐814年に執筆。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

テオファネスの関連キーワード親権皇朝十二銭圧力邦画活況四川大地震回転ずし業界インジウム山家学生式修理職親権

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone