コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオルボ theorbo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオルボ
theorbo

楽器の一種。 17~18世紀に使われた 14~16弦のリュートに似た撥弦楽器で,約半数ずつ,指板弦と開放弦に分けられる。キタローネシターンと同様,低音域拡大のためにつくられたが,ギターの出現によってすたれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のテオルボの言及

【リュート】より

…またバロック時代には主として低音用の,弦数が多いリュートの変種もいくつか現れた。テオルボtheorboやキタローネchitarroneはその代表的なものである。 リュートとその音楽が姿を消した原因は,すでに触れたような他の楽器の発達であるが,さらにいえば,この楽器のもついくつかの欠点にある。…

※「テオルボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テオルボの関連キーワードモレナール

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テオルボの関連情報