コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テミスト Themisto

デジタル大辞泉の解説

テミスト(Themisto)

木星の第18衛星で、すべての衛星のうち9番目に木星に近い軌道を回る。1975年に発見されたが見失われて、2000年に再発見された。名の由来はギリシャ神話ゼウス愛人。表面は黒っぽく非常に暗い。非球形で平均直径は約8キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

テミストの関連キーワードアリステイデス(政治家、軍人)アルタクセルクセス[1世]テミストクレス決議碑文総合年表(ヨーロッパ)アギアトリアダ大聖堂300/帝国の進撃クセルクセス1世エウリュビアデスアテネ(ポリス)アリステイデスエフィアルテスサラミスの海戦レイトゥルギアストラテゴスラウレイオンペルシア戦争シモニデスサラミス島マグネシアピレエフス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android