コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テュルンハウト Turnhout

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テュルンハウト
Turnhout

ベルギー北部,アントウェルペン州の商工業都市。アントウェルペン東北東約 40km,オランダ国境から約 15kmに位置する。 12世紀頃から市場町として知られてきたが,現在は工業都市で,印刷,製紙,製薬,電機,食品,たばこ,縫製,ダイヤモンド加工などの工業がある。ブラバント公城 (15世紀) ,聖ペテロ聖堂 (15世紀) などがあり,ベギン会修道院 (14世紀) は,1998年世界遺産の文化遺産に登録。付近には水鳥の群棲地として知られるリールマン湿地がある。人口3万 7897 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android