テュービンゲン学派(読み)テュービンゲンがくは(英語表記)Tübinger Schule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テュービンゲン学派」の解説

テュービンゲン学派
テュービンゲンがくは
Tübinger Schule

プロテスタント神学者,教会史家でテュービンゲン大学の教授であった F.C.バウルが創設した新約聖書神学派。 1835年公表の牧会書簡に対する論文のなかで,バウルは,ヘーゲル哲学をキリスト教発展史に適用し,ペテロを代表とするユダヤ人キリスト教徒を正,パウロを代表とする異邦人キリスト教徒を反,この正・反の止揚から合としての古カトリシズムが成立したと説いた。 F.K.A.シュウェーグラー,K.C.プランク,A.リッチュル,E.ツェラー,A.ヒルゲンフェルトなどがこの学派に属する。なお J.A.メーラーを代表とする別個のカトリック神学者の一団も,カトリック・テュービンゲン学派と称されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android