コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルアビブ事件 テルアビブじけん

1件 の用語解説(テルアビブ事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルアビブ事件
テルアビブじけん

日本の赤軍派によるイスラエルテルアビブ国際空港での乱射事件。奥平剛士,安田安之,岡本公三の3人は 1972年5月 30日午後 10時 30分,日本時間同 31日午前5時 30分にフランス航空機でテルアビブ国際空港に到着直後,ソ連製自動小銃手投げ弾で約 300人の到着客に乱射,イスラエルの科学者ワイズマン研究所アハロン・カツィール教授ら 24人を殺害した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テルアビブ事件の関連キーワードヤッファテルアビブテルアビブヤッファラマットガンカルメル市場ディゼンゴフ広場ラトルンイスラエル60イスラエル室内管弦楽団岡本公三

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テルアビブ事件の関連情報