コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田 やすだ

6件 の用語解説(安田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安田
やすだ

新潟県中部,新潟平野の東部,阿賀野川右岸にある地区。旧町名。 1960年町制。 2004年4月,京ヶ瀬村,水原町,笹神村と合併し阿賀野市となる。庵地焼,瓦製造が行なわれ,酪農が盛ん。春,夏に吹く南東風 (ダシの風) は強風で,対策に苦慮している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やすだ【安田】

姓氏の一。
[補説]「安田」姓の人物
安田善次郎(やすだぜんじろう)
安田靫彦(やすだゆきひこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やすだ【安田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安田
やすだ

新潟県中北部、北蒲原(きたかんばら)郡にあった旧町名(安田町(まち))。現在は阿賀野(あがの)市の南部を占める一地区。1960年(昭和35)町制施行。2004年(平成16)水原(すいばら)町、京ヶ瀬(きょうがせ)、笹神(ささかみ)の2村と合併して市制施行、阿賀野市となる。旧安田町は、阿賀野川谷口に位置し、旧安田町役場(現、阿賀野市安田支所)のある保田(やすだ)で国道49号と290号が交差する。阿賀野川沿いに磐越(ばんえつ)自動車道が通じ、安田インターチェンジがある。古くから庵地焼(あんちやき)、安田瓦(がわら)の産地として知られる。阿賀野川の峡谷から吹く南東風「安田だし」を利用した風車灌漑(かんがい)農や酪農、肉牛生産が盛ん。新潟県酪農発祥の地。越後(えちご)七不思議の一つ、親鸞(しんらん)の播(ま)いた焼き栗(ぐり)が3回花をつけたという三度栗の伝説にちなむ孝順(こうじゅん)寺があり、縄文時代のツベタ遺跡、縄文から弥生にかけての六ノ瀬遺跡などがある、北東には五頭(ごず)連峰県立自然公園、南の阿賀野川を望む景勝地にレジャー施設のサントピアワールドがある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安田の関連キーワード新潟平野新潟県阿賀野市沖新潟県阿賀野市久保新潟県阿賀野市小島新潟県阿賀野市里新潟県阿賀野市城新潟県阿賀野市堤新潟県阿賀野市畑江新潟県阿賀野市原新潟県阿賀野市保田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安田の関連情報