安田(読み)やすだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安田
やすだ

新潟県中部,新潟平野の東部,阿賀野川右岸にある地区。旧町名。 1960年町制。 2004年4月,京ヶ瀬村,水原町,笹神村と合併し阿賀野市となる。庵地焼,瓦製造が行なわれ,酪農が盛ん。春,夏に吹く南東風 (ダシの風) は強風で,対策に苦慮している。国道 49号線,290号線が通り,磐越自動車道インターチェンジがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安田
やすだ

新潟県中北部、北蒲原郡(きたかんばらぐん)にあった旧町名(安田町(まち))。現在は阿賀野市(あがのし)の南部を占める一地区。1960年(昭和35)町制施行。2004年(平成16)水原(すいばら)町、京ヶ瀬(きょうがせ)、笹神(ささかみ)の2村と合併して市制施行、阿賀野市となる。旧安田町は、阿賀野川谷口に位置し、旧安田町役場(現、阿賀野市安田支所)のある保田(やすだ)で国道49号と290号が交差する。阿賀野川沿いに磐越自動車道(ばんえつじどうしゃどう)が通じ、安田インターチェンジがある。古くから庵地焼(あんちやき)、安田瓦(がわら)の産地として知られる。阿賀野川の峡谷から吹く南東風「安田だし」を利用した風車灌漑(かんがい)農や酪農、肉牛生産が盛ん。新潟県酪農発祥の地。越後(えちご)七不思議の一つ、親鸞(しんらん)の播(ま)いた焼き栗(ぐり)が3回花をつけたという三度栗の伝説にちなむ孝順寺(こうじゅんじ)があり、縄文時代のツベタ遺跡、縄文から弥生にかけての六ノ瀬遺跡などがある、北東には五頭(ごず)連峰県立自然公園、南の阿賀野川を望む景勝地にレジャー施設のサントピアワールドがある。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安田の関連情報