テンジクガレイ(読み)てんじくがれい(英語表記)largetooth flounder

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンジクガレイ
てんじくがれい / 天竺鰈
largetooth flounder
[学]Pseudorhombus arsius

硬骨魚綱カレイ目ヒラメ科に属する海水魚。ヒラメ科のなかでは、もっとも南方にまですむガンゾウビラメ類の1種で、本州中部地方以南の日本各地から、南シナ海、インド、オーストラリアを経てアフリカ東岸にかけて広く分布する。体は長卵円形。口は大きく下顎(かがく)の前端部に1、2対の犬歯があり、側方の歯も強大で、まばらに並ぶ。有眼側の体は緑褐色で、側線の湾曲部の後端と直走部の中央に小さい黒斑(こくはん)がある。
 水深30メートル以浅の砂泥底に生息し、ときには潮だまりや河口域にもすむ。体長45センチメートルぐらいになるが、普通は30センチメートルぐらいが多い。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android