コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮だまり しおだまりtide pool

翻訳|tide pool

世界大百科事典 第2版の解説

しおだまり【潮だまり tide pool】

タイドプールともいう。岩礁地帯の潮間帯において,干潮時に凹所に海水がとり残された場所。潮だまりは雨や太陽の直射など気象の影響を強く受けるため,塩分濃度・水温など水質が短時間できわめて激しく変化する。このため潮だまりにすむ生物は,この厳しい環境の変化に耐える性質をもつ必要がある。高い位置の潮だまりほど,海から隔離される時間が長い。大潮満潮時だけ海につながる潮だまりは,2週間もしくは1ヵ月以上も隔離されることになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮だまり
しおだまり

潮間帯のくぼみに、潮が引いたあとに海水が残留してできる大小さまざまな水たまり。タイドプールtide poolともいう。岩礁海岸における水たまりをさす場合が多いが、かならずしもこれに限定されるものではなく、たとえば干潟の上にできる水たまりも潮だまりである。岩盤上のものをロックプールrock poolといい、干潟上のものをパンpanあるいはパドルpuddleとよぶこともある。潮だまりの環境条件は、外海のそれに比べると変化が激しい。たとえば塩分濃度は、雨水の影響でかなり低下することもあれば、逆に水分蒸発のために高くなることもある。水温も、夏期には外海に比べて高くなったり、冬期には逆に低くなったりする。このような傾向は、潮間帯の上部にあって大きさの小さいもので著しく、そのため、中にみられる生物も、そのような潮だまりほどその種類組成が貧弱である。反面、潮だまりは、海産生物にとっては乾燥を避ける都合のよい場所であり、水が干上がる所に比べると生物は豊富で、潮間帯よりも下部に主として生息する生物をみることもできる。動物には、数多くの海産種のほかに昆虫類のトウゴウヤブカの幼虫、ユスリカ類の幼虫、トビムシ類などの陸産種もみられ、潮だまりを一時的に利用しているものもあれば、全生活を潮だまりで過ごすものもある。植物では、緑藻類、褐藻類、紅藻類、藍(らん)藻類の各種がみられるが、潮間帯上部にある潮だまりでは、緑藻類、藍藻類が優占する。これら海藻類の多い潮だまりでは、昼間、光合成の結果として溶存酸素量や水素イオン濃度(pH)が非常に高くなることが知られている。[和田恵次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

潮だまりの関連キーワード鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生ダイダイイソカイメンウミウチワ(海藻)モンダルマガレイクロイソカイメンマクリ(海人草)チョウチョウウオフトユビシャコダイナンギンポクチバシカジカミサキウバウオイソスズメダイフウライボラタナバタウオムシャギンポヒバシヨウジカゴカキダイイソカサゴカエルウオヘビギンポ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮だまりの関連情報