側線(読み)そくせん

精選版 日本国語大辞典「側線」の解説

そく‐せん【側線】

〘名〙
側方にある線。
列車運転に常用する本線以外の線路貨車引込線、操車用の線路、空車を留置する線路など。〔鉄道省令第二号‐昭和四年(1929)七月一五日〕
③ 主として魚類両生類側にあって、水流水圧を感じとる感覚器。類では体側のうろこ上に小孔が一列に並んで開口し、内側に感覚細胞が分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「側線」の解説

側線
そくせん
lateral line

円口類,魚類,および両生類の幼生にみられる感覚器官頭部から尾部にかけて体側の両側に存在し,流れの速度方向を感受する。圧受容器と考えられるので,聴覚器と合せて聴側線系と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「側線」の解説

そく‐せん【側線】

鉄道線路のうち、列車の運転に常用する本線に対し、操車用・引き込み用などの線路。
魚類・両生類の体の両側に線状に並んでいる感覚器官。水流や水圧の変化、振動などを感じとる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android