側線(読み)そくせん(英語表記)lateral line

翻訳|lateral line

デジタル大辞泉の解説

そく‐せん【側線】

鉄道線路のうち、列車の運転に常用する本線に対し、操車用・引き込み用などの線路。
魚類・両生類の体の両側に線状に並んでいる感覚器官。水流や水圧の変化、振動などを感じとる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくせん【側線】

鉄道線路で、列車の運行に常時使用する本線以外の線路。編成の組み替え・貨物の積み降ろしなどに用いる。
魚類・両生類の体側にあって、水圧・水流・振動のほかに、温度刺激や化学的刺激、イオン環境などを感じとる感覚器官。魚類では、体側の中央に並んだ鱗うろこに開口部がある。両生類では幼生期のみに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そく‐せん【側線】

〘名〙
側方にある線。
列車の運転に常用する本線以外の線路貨車引込線、操車用の線路、空車を留置する線路など。〔鉄道省令第二号‐昭和四年(1929)七月一五日〕
③ 主として魚類・両生類の体側にあって、水流や水圧を感じとる感覚器。魚類では体側のうろこ上に小孔が一列に並んで開口し、内側に感覚細胞が分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

側線の関連情報