コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーンガライ Teṅgalai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーンガライ
Teṅgalai

ヒンドゥー教の一派。ラーマーヌジャの唱えた制限不二論を信奉する者たちが,13世紀頃に南インドで新たに興した。彼らは俗語で著述し,民衆的ではあったが,最高神の恩寵を強調するあまり,悪行をも恐れないような傾向をさえ生じた。これに対して北インドのラーマーヌジャの一派をバダガライと称する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android