コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーンガライ Teṅgalai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーンガライ
Teṅgalai

ヒンドゥー教の一派。ラーマーヌジャの唱えた制限不二論を信奉する者たちが,13世紀頃に南インドで新たに興した。彼らは俗語で著述し,民衆的ではあったが,最高神の恩寵を強調するあまり,悪行をも恐れないような傾向をさえ生じた。これに対して北インドのラーマーヌジャの一派をバダガライと称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android