コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディアデマ diadēma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディアデマ
diadēma

ギリシア神話の神ディオニュソスに始るとされるはちまき祭司などが着用した。また古代ペルシアの王は冠の上に,白い模様のついた紫のディアデマを用いた。アレクサンドロス3世 (大王) はペルシアを破ったのち,王権の象徴として縁飾りのある白いディアデマを用い,代々使用された。ヘレニズム王国を破ったユリウス・カエサルは前 44年これを禁じたが,325年コンスタンチヌス1世 (大帝) にいたり皇帝,帝妃が宝石,真珠つきの紫のディアデマを採用することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のディアデマの言及

【冠】より

…古く前3千年紀前半のウルの王墓から金で花葉をかたどりカーネリアンで飾ったかぶりものが,またトロイアII市のメガロン神殿からやはり黄金製のものが出土しているが,これも同様である。帯状のものは,ギリシアにおいて金製の帯に発達してディアデマdiadēmaと呼ばれた。ヘレニズム時代になると貴石を象嵌(ぞうがん)したものが現れ,ビザンティンにおいてこれに立飾がつき,宝石を散りばめるようになって冠として完成した。…

※「ディアデマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディアデマの関連キーワードディアドゥメノスダビド・ルイスギリシア神話王冠

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android