コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディゲニス・アクリタス Digenis Akritas

世界大百科事典 第2版の解説

ディゲニス・アクリタス【Digenis Akritas】

中世ギリシア英雄叙事詩。ただし本来の叙事詩にあたるのはその第1部で,アラブのアミールを主人公とし,彼によるビザンティン属州駐屯軍司令官の娘の略奪,彼女の兄弟たちの奪回行の成功,アミールのビザンティン領土での受洗と婚礼,そしてアミール一族あげてのビザンティン領への最終的移住の物語から成る。10世紀に編纂され,国境地帯での当時のビザンティン・アラブの対立状態が背景をなしている。これに反し第2部は,アラブのアミールとギリシア人軍司令官の娘との間に生まれたディゲニス(イスラム教徒,キリスト教徒の両家族の結合から生まれたことを意味する)・アクリタス(国境守備隊長の意)を主人公とし,恋の冒険談,武勇伝,ユーフラテス河畔でのビザンティン皇帝との会見,御殿の建築,英雄の死などから成り,古代末期のロマンの伝統に立っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディゲニス・アクリタスの言及

【ビザンティン文学】より

…その素材がオリエントにさかのぼるのが,仏陀伝説に基づく《バルラームとヨアサフ》,サンスクリット文学の《パンチャタントラ》のギリシア語版《ステファニテスとイクネラテス》,ヘレニズム的な枠小説のなかにペルシア起源の要素をとりこんだ《シュンティパス》などである。ビザンティン帝国東部国境でのイスラム教徒アラブとの軍事対決を背景として,《アルムリスの歌》以下の叙事詩的歌謡,そしてなかでもイスラム教徒とキリスト教徒の二つの家族の血を引く英雄を主人公とした《ディゲニス・アクリタス》が生まれる。 12世紀をもって,民衆用語で書かれ,大都会を背景に自らの時代と向きあう一文学が現れる。…

※「ディゲニス・アクリタス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディゲニス・アクリタスの関連キーワードビザンティン文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android